ロゴ
HOME>Review>川崎市で精神科を探すコツ【利用者の見極めポイントをご紹介】

川崎市で精神科を探すコツ【利用者の見極めポイントをご紹介】

女性

近年、需要の高まりによって精神科の数が増えています。その為、どのようにして受診先を選べばいいのか分からないという人も多い事でしょう。今回は受診先を選ぶポイントについての口コミをまとめました。

レビュー

自立や復職支援をしてくれるところを選びました【30代/男性】

うつ病がひどくなり、勤めている会社も辞めてしまいました。症状がなかなか回復しないため、心療内科とか精神科と言った病院を渡り歩きました。そこで気が付いたのが自分の症状も一定しないことで、そのために先生方の判断が一致しないことが多いと言うことです。出来るだけ同じ時間帯に病院へ行くのですが、診察時間がまばらなになることも、診断の違いに繋がっていたと思われます。自分自身と家族が信頼出来ると感じた川崎市にある病院に暫く通うことにしたのです。焦らずに治そうと考えた末のことでした。と言うのも先生の指示は、焦りが一番の禁物でのんびりとした時間を過ごすようにとのことです。治療期間は長くなりましたが、将来的な見通しとか復職に対しても支援をしてくれたことでも助かりました。

定期的に通い続けることになるので通いやすさで決めました【30代/女性】

うつ病の経験のある人には理解出来るものに、朝の調子が本当に悪いと言うことです。朝起こるたびにずっと寝ていることが出来れば、こんな嫌な気持ちにならずに済むと感じていました。それが夕方になると悪い状態から抜け出すことが出来るのです。ですが夜寝る前になると、また不安が襲って来るのです。それが明日の朝起きた時にことを考えるからで、このまま起きていたといつも考えるのでした。病院へは定期的に通うことにしていたのですが、自宅から通いやすい場所の病院を選びました。電車で乗り換えとか、大きな病院で診察前の待ち時間が長い所も避けるようにしたのです。自分が通いやすい病院へ行くことで、病気も早く治ると考えました。家族の意見も聞き、川崎市にある精神科へ通うことにしたのです。